サテライトサイトSEOとドメイン | サテライトサイトのメリット・デメリット

HOME » メリットデメリット » サテライトサイトSEOとドメイン

サテライトサイトSEOとドメイン

サテライトサイトを使ったSEOはよくある手法として知られていますが、このときのメリットはもちろん本命サイトの表示順位が高くなることです。
しかしこのメリットを得るには、ドメインをうまく設定する必要があります。
ドメインとはサイトのURLに表示される特定の名前のことですね。
本来は数字の羅列となるサイトの住所を、もう少しわかりやすく表示したもので、このときには特定のフレーズやキーワードが含まれます。
それをドメインといいます。

本命サイトを作ったとき、独自ドメインを取得した方も多いでしょうが、サテライトサイトでこれはどうしたらいいでしょうか?
このときによくおすすめされるのが、同じく独自ドメインです。
サテライトサイトを使ってSEO対策をするには、衛星サイトから送るリンクがなるべく自然なものに見えることが大事です。

要は第三者が運営しているサイトからのリンクに見える方が安心なのですが、それができるのが独自ドメインです。
ドメインをまったく別のものに変えると、その2つのサイトはまったく別物という扱いになります。
サテライトサイトで独自ドメインを取得し、その上で本命サイトへのリンクを張れば、第三者が運営する外部サイトからリンクが張られた状態に近くなり、本命サイトの評価も上がりやすくなります。
これでうまく評価を上げられれば、本命サイトの表示順位が高くなり、アクセス数を上げられますよ。

この独自ドメイン以外には、ほかにもサブドメイン、サブディレクトリがありますが、これらは1つのドメインの中で作れる下位カテゴリーのドメインです。
取得するための費用や手間があまりかからない代わりに、それらを使ったサイトは完全なる外部サイトとは扱われないことがあります。
その場合、本命サイトとサテライトサイトと分けて運営しているつもりでも、検索エンジン内では両方合わせて1つのサイトとの扱いになることもあるのです。

このときにもメリットがないわけではありません。
すべて合わせて1つのサイトとなるため、サテライトサイトを作り込むことは同時に本命サイトを作り込んでいることになり、サイトのメンテナンスの手間を一本化できます。
サテライトサイトを作るほど本命サイトのコンテンツが充実していくことになり、その関係で本命サイトの評価があがり、検索順位が高くなることがあるのです。

ただし、それなら最初から本命サイトの中ですべてのコンテンツを作り込んだ方が早いですよね。
本命サイトとはまた別のサテライトサイトを作り、それを使ってSEO上のメリットを得たいなら、独自ドメインを取得する方が一般的です。